1. HOME
長野市 長野板販 ガラス

窓ガラス 建築用硝子、サッシ、サイン看板(案内板) 住宅設備資材の長野板販株式会社

長野板販株式会社は、建築用ガラス事業サッシ建材及び住宅設備資材事業樹脂板、広告資材販売の3つの事業部があり、耐震、防犯、省エネに優れた商品の普及を図り、安全で安心できる地球環境に配慮した地域社会建設に貢献する事を目指しております。

 【事業部】
  ■建築用ガラス事業
  ■サッシ建材及び住宅設備資材事業
  ■樹脂板、広告資材販売事業
長野板販株式会社は、一般住宅やオフィス建築資材など取扱商品の分野・種類も多く、企業間取引や一般消費者様へ常に新しく、そして常に皆様側に立っての懇切丁寧なご提案をさせていただいております。
特に、住環境の省エネや耐震、省エネ、節電、防犯などについては、実験体験など実際の違いを眼で見て、触ってご理解していただけるようご提案させていただいております。

 【取扱い商品分野】
 ■窓・ガラス関係(耐震、結露対策、防犯、プライバシー対策)
 ■住宅リフォーム関係、ガレージ
 ■エクステリア関係
 ■シャッター関係
 ■太陽光発電関係
 ■アクリル樹脂・看板・案内板

長野市 長野板販 ガラス
長野市 長野板販 ガラス

長野板販株式会社 スペーシア取扱認定店 

スペーシア

ガラス(硝子)は住環境やオフィスの防犯・防災セキュリティーの面でもとても重要なものとなっています。
お風呂の窓、住宅の2階以上の窓、マンション、オフィスの窓は勿論、節電(省エネ)にも大きな効果を発揮するのがガラスの違いです。ガラスの何が違うのかは、一般的にはそれ程詳しく知られてはいませんが、以下の効果を期待できます。
 ◎防露(結露)
 ◎高断熱
 ◎日射し取得/日射カット/UVカット
 ◎節電(省エネ )
 ◎プライバシー
 ◎遮音
 

季節の気温変化は、一日で30℃の温度差が出るという日もたびたびあり、テレビでも連日の暑さや、連日の降雪による気温低下についてニュースになる程になっています。昔の日本の夏は日中に30℃があっても夕方になると風が流れ、夜は涼しいのが普通の夏でしたが、現代日本の夏は、連日30度を超える猛暑がやって来るだけでなく、深夜になっても熱帯夜が続くなど身体的に疲れがとれない夜が続くようになりました。帰宅して玄関ドアを開けると、むわっとした熱気が室内に籠り疲れた気分になるという人も多い事と思います。この室内に溜まった熱の原因が「窓」です。日当たりや向きを重視するが故に開口部を広く、大きくとる事でより熱が籠り易くなっています。

建物自体の気密性能が高まっているため、一度、室内にこもってしまった熱が逃げにくいという傾向もある為、夏の室内を快適にするために不可欠なのが、窓の遮熱・断熱性能の向上なのです。また大きく明るい窓にする為にはプライバシーへの配慮も必要となるのと同時に防犯への対策も重要なものとなります。

長野市 長野板販 ガラス